ブログ

海外で美容師をするのに必要な3つの技術

更新日:


タイはバンコクで美容室をやってます。

代表の小出龍一です。

海外で、美容師がしたい!お店を出したい!旅をしてみたい!飲んでみたい!etc,,,,

何か興味があればお気軽にご連絡ください(^ ^)

今回は技術の話です。

接客や会話のスキルではなく、美容の技術です。

バンコクで働いてみてあらためて大切だなと思う技術を3つあげてみます。

①やっぱりカット

やはりカットは一番大事です。

日本よりも様々な人種の様々なリクエストに応える事になります。

外国の方は髪を削いだり、軽くするのを嫌う方が多いのでレイヤーでのベースカットでの調整や、
しっかりとしたベーシックの大切さを強く感じました。

逆に髪を軽くする事を体験した事がない人も多いのでドライカットでの質感調整など日本人特有の削ぐ文化も
しっかりと場面に応じて使えば強い武器になると思います。

②ブリーチカラー

タイ人はブリーチのダブルカラー大好きです。

白人も元の髪の色が明るいのでダブルカラーに近い細かい薬剤調合が必要です。

この辺りはどれだけ数をこなしたかの経験が大きいと思うので、
日本でブリーチの客層のお店でなくても海外に来ればいつの間にか慣れてくると思います。

僕もそうでした!

③ブロー

日本では軽くブローしてアイロンで仕上げたり、ナチュラルにハンドブローで仕上げることが多いと思います。

バンコクでもそのように仕上げる事が多いですし、僕もその方が好きですし得意です。

ただ外国の人は「がっつりブローして仕上げて!!」な方が結構います。

そしてかなり強めのくせ毛の方が多いです。

ブローはバンコクに来て確実に上手くなったと思います。

以上、海外で働くのに大切な美容技術でした!

バンコクでの美容師生活に興味が出たらぜひご連絡ください!

スタイリスト絶賛募集中です⭐︎

ryuichi.koide.714@gmail.com

@znr7506w(LINE ID)


The following two tabs change content below.
都内の某有名店でチーフマネージャーとして7年勤務。 その後、アジア6ヶ国で各地の美容院を周りながら旅をしました。 現在はバンコクに「Balcony」を立ち上げ、日々面白いことを探しています。

-ブログ

Copyright© バンコクでゼロから美容院を作ってみた美容師のブログ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.